ベジセーフの危険性

目次

べジセーフの危険性について

 

小さい子供がいる家庭では野菜や果物をたくさん食べさせたいと思っても
農薬や有害物質が心配である。

 

特にアレルギーやアトピーが増えている中、
農薬や添加物を遠ざけたいと思うのは当然のことである。

 

そんな家庭の食の安全を預かる主婦たちの間で話題になっているのが
野菜洗いの専用水ベジセーフである。

 

雑誌やメディアで紹介されているので、
どんなものか気になりネットで検索してみたところ、

 

どういうわけか

 

検索欄の下に 危険性 うそ  怪しいといったワードが並ぶのである。

 

いったいどういうことかと思い、2chや知恵袋などを調べてみたが
それといった情報も形跡も見当たらなかった。

 

改めて考えてみるとどうやらこれは

 

ベジセーフを購入する前の母親が子供のために
ベジセーフに危険性はないのかを調べた結果であると推測される。

 

それだけ子供の食の安全に対する母親の意識が高くなっているのか

 

あるいは日本の食材に対する危機感が高まっている証拠であるように思われる。

 

実際に口コミを見てみると

 

娘がアレルギー疾患であることから医師に添加物に気を付けるように言われました。
そんな折、見つけたのがベジセーフです。おかげで、野菜や果物が安心して食べられるようになりました。
娘にとっては必需品です。

 

小さい子供がいるので、農薬や有害物質が不安でした。
ほとんどのものにかけていますが、レタスが一番わかりやすかったです。
おもちゃや手の届くところにも除菌スプレーとして使っています。

 

1歳の子供のために購入。
直接、野菜や果物にスプレーするだけで簡単だし、
無色無臭なので使い心地がいいです。

 

最初に使って驚いたのは野菜のエグミがなくなりとてもおいしくなること。
野菜嫌いの子供たちがパクパク食べるようになりうれしいです。

 

野菜が大好きな息子のためにできるだけ無農薬のものをと思っていますが、
お値段が・・ベジセーフを使うと農薬の心配もないし、何よりも野菜がおいしくなるので
ありがたいです。

 

以上が、ベジセーフを選択した人たちの口コミである。

 

(※ 著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載した。)

 

口コミの中には安全なものを子供に食べさせたいという母親たちの真剣な思いが込められている。

 

ベジセーフはそんな母親たちの思いに答えてくれる商品として支持されているのである。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

目次へ戻る

楽天やAmazonでの購入よりも・・・

 

ちなみにベジセーフは楽天でもAmazonでも購入は可能である。
しかし、最安値で購入したいのでであれば楽天やAmazonよりも
公式サイトでの購入をおススメする。

 

公式サイトでは毎月お届けコースで申しこむと
400ml1500円のベジセーフが3本分。

 

つまり1200mlの詰め替え用と400mlのボトルがセットになって
1500円で購入できるのだ。

 

定期コースといっても回数の縛りがあるものではなく、
初回だけを割引価格で購入し、解約しても問題はない。

 

しかも、はじめて使う人のために
20日間の全額返金保証制度までついているのだ。

 

一度ベジセーフを試したいのであれば
定期コースで申しこんだ方が断然お得なのである。

 

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトはこちら

 

 

目次へ戻る

ベジセーフの99.9%が純水

ベジセーフは99.9%が純水のアルカリ性水素水である。

 

このほぼ水に近いアルカリ性水がいかにして、
農薬や有害物質を落とすのかその原理を見てみると

 

マイナスイオンをたくさん含んでいるベジセーフが

 

プラスイオンである農薬やワックス・放射性物質などに
吸着することで、マイナスイオン同士が
反発しあい野菜や果物から野菜をひきはがすというのである。

 

これにより汚れを素早く落とすことが可能になったのである。

 

また、ベジセーフの水素イオン濃度PHでは
微生物は生育できないため
O-157サルモネラ菌や大腸菌などをしっかりと殺菌する。

 

ベジセーフが野菜洗いの専用水である理由は
このアルカリ性水にあるわけだが、

 

このアルカリ性は、豆腐やこんにゃくなど日常的に使用されている
指定添加物によるものなので赤ちゃんが触れても安全なのものなのである。 

 

 

 

⇒ベジセーフの成分についての詳細は公式サイトで。

 

目次へ戻る

野菜がおいしくなるの理由

 

ベジセーフで洗った野菜はおいしい。そういう口コミも多くみられるが
それはなぜであろうか?

 

農薬が付いた野菜は顔に化粧をしているのと同じ状態である。

 

肌の場合化粧をしたままでいると、呼吸ができずどんどん乾燥し
酸化していくのだが、野菜の場合もこれは同じ。

 

だからベジセーフで表面の農薬やワックスを落とすことにより
呼吸を始めた野菜が水分を吸収することにより
野菜本来のみずみずしさを取り戻していくというわけである。

 

またベジセーフは通常のアルカリイオン水に比べ、
水素の含有量が多いことも野菜にシャキシャキ感を与え、
新鮮なまま冷蔵庫での保管も可能にしているのである。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

目次へ戻る

 

使い方はいろいろ

 

使い方はカンタンだ。

 

≫最初に野菜や果物に直接吹きかけまんべんなくいきわたらせる。
残留農薬が特に気になる野菜 例えばレタスやトマトなどには
そのまま1分間くらい放置したほうが効果的とのこと。

 

次にベジセーフを吹きかけた野菜や果物の表面を手で軽く揉み
最後に流水で洗い流せば終了である。

 

 

≫米の場合は、米全体にベジセーフをふきかけ米をかき混ぜた後、
汚れた水を捨てて、いつものように米をといて炊けばよい。
まるで新米のような炊き上がりというからこれは楽しみだ。

 

≫そのほかベジセーフは除菌スプレーとしても使えるので

 

子供のおもちゃや手の届きそうなところにスプレーをし
水気を拭き取ればよい。洗剤ではないので2度拭きの必要はない。

 

外出時にはアトマイザーに入れて持ち歩けば
抗菌スプレーとしてあるいは手の消毒として様々なシチュエーションで活躍できそうだ。

 

 

農薬から食中毒菌除去まで、ベジセーフを一本家庭に常備しておけば安心なのではないだろうか。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

目次へ戻る

毎月お届けコースで購入してみた

 

3日前に注文したベジセーフが届いた。

 

 

 

                                         (注)パッケージは変更前のものである

 

 

今日は、焼肉だったので家族には知らせずに、
ベジセーフで洗った野菜を食卓にならべてみることにした。

 

ベジセーフは若干ぬめりのある感触である。

 

同封のパンフレットによると、料理のサイズにカットした野菜に吹きかけ、
20秒後にすすぎ洗いとのこと。

 

カットしたキャベツ、なす、玉ねぎ、そしてサンチュにスプレーをする。

 

今回は農薬のチェックする間もなく、焼肉開始。

 

家族の感想・・・ キャベツやナスが何だか違う。

 

最後に種明かしをしたが、
いつもよりキャベツが新鮮に感じた。
サンチュのシャキシャキ感が違うと大好評だった。

 

本日は初日で慌ただしく、ゆっくり観察できなかったが
ベジセーフ、明日から楽しみだ。

 

⇒ベジセーフの申し込みはここでしました。

 

目次へ戻る

 

ベジセーフ の安全性について

ベジセーフは99.9%が純水で、0.1%が炭酸カリウムのアルカリ性水素水であることは前述したが、改めて その安全性について見てみよう。

 

まずここで気になるのが炭酸カリウムの存在である。

 

豆腐やこんにゃくに使われている指定添加物であるから安全性に問題がないとのことであった。

 

この炭酸カリウムについてさらに調べたところベジセーフの炭酸カリウムは、水の水素濃度を上げるものであるためベジセーフの中では イオン化しており炭酸カリウムの状態で残っているものではないとことである。

 

しかも、スプレーして空気中の酸素に触れると30秒後には水に戻ってしまうものなのだそうだ。

 

炭酸カリウムに関しての安全性は間違いないといえる。

 

 

もう一つ気になるのがアルカリ性イオン水の安全性である。

 

ベジセーフはpH12.5のスーパーアルカリイオン水というものであるが、
水のpHは7度前後であることから、実に10万倍の水素イオン濃度を持つというのである。

 

ベジセーフと同じくらいのアルカリ性を持つものとして、
危険性のある苛性ソーダがあるだけに、これは安全なものであるのか心配になる。

 

しかし、苛性ソーダの場合はpHを上げるために、5%以上高濃度の苛性ソーダが解けていることが危険なのである。
一方、スーパーアルカリイオン水の場合はpH12.5の強アルカリ性といっても、電解質(炭酸カリウム)が0.1%を溶解することでできているため刺激もなく、肌荒れの心配もないのだ。

 

 

以上のことから、ベジセーフのアルカリ性は強い洗浄力を持ちながらも安全性には問題がないのである。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

目次へ戻る

野菜を洗剤で洗うということ

野菜を洗剤で洗うなんて聞くと「ギョッと」される方もいるかもしれないが、

 

昭和30年ごろは,野菜は洗剤で洗うのが常識だったのだ。

 

そのころは肥料として人糞が使われていたこともあり、回虫やぎょう中といった寄生虫の卵がついていることもあったからである。
また、今は禁止されているような非常に毒性のある農薬が使われていたことも理由だ。

 

その後肥料は化学肥料に変わり、農薬も毒性の低いものが開発されるにつれて、
洗剤で洗うことも無くなり、水で洗うことが定着してきたのである。

 

しかし、ここにきて
残留農薬の問題が取りざたされるようになり
野菜から農薬や有害物質を除去するという意識が高まるにつれて

 

農産物を何で、洗うかという考え方が再燃するようになった。

 

 

そこから、今日では野菜専用の洗剤が開発されるようになったのだ。

 

ちなみに、食器用の洗剤にも、裏面を見ると用途欄に野菜や果物も洗えると書かれている。

 

昔は、これで洗ってたから大丈夫って言いたいところだが、
やはり食器用の洗剤はあまりおすすめできない。

 

化学成分や界面活性剤が入っているからだ。

 

 

注意書きに、
肌の弱い人はゴム手袋をはめるようにだとか
すすぎは30秒流水でしっかりと洗い流すとか書かれているということは
無害ではないということだろうし

 

ブロッコリーやキャベツなどを洗いたくても葉っぱの奥に入り込んでしまった場合
洗剤が落ちにくく付いたままになるのではということも不安だ。

 

 

その点ベジセーフならこの心配は無用なのである。

 

ベジセーフなら洗剤ではなく、アルカリ性イオン水なので、
安全に農作物から農薬や有害物質を落とすことができるのだ。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

目次へ戻る

ベジセーフで食中毒対策も

 

食中毒といえば肉や魚介類と思いがちだが、生野菜もまた食中毒を引き起こす可能性がある。

 

実際に日本でも大きく報道された食中毒の事件がある。

 

例えば有名なのが1996年に学校給食のカイワレ大根が原因とされたO-157集団感染。
児童9000人以上が発症しそのうち3名がなくなるという痛ましい事件だった。

 

また、身近なところでは2014年に静岡県で行われた花火大会の露店で売られていた冷やしきゅうりから、O-157 感染者が出たこともあった。

 

最近は残留農薬を避けるために無農薬野菜や有機農栽培のものを購入する方も多いかもしれないが、
食中毒のリスクはどの野菜も同じである。

 

むしろ、農薬を使っていない農産物の方が食中毒菌がついている可能性が高いともいえる。

 

生野菜からの食中毒を予防するためにも野菜をしっかりと洗うこと、
調理器具を殺菌することは心掛けるべきだ。

 

ベジセーフはpH12.5の水素濃度の高いアルカリ性イオン水なので、
食中毒菌は30秒で死滅させることができる。

 

ベジセーフで野菜や調理器具を殺菌するときは、ベジセーフをスプレーして30秒置く。食中毒の予防にはここが重要である。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

目次へ戻る

 

有機農野菜と無農薬野菜について知れば・・・

 

残留農薬や有害物質のことを考えると家族や子供の健康のために、
少々値段が高めでも無農薬野菜や有機野菜を使いたいと思うのが親心であろう。

 

しかし、残念ながらここにも落とし穴があるのだ。

 

有機野菜や無農薬野菜の基準をまずは知ってもらいたい。

 

 

有機野菜

 

種まきあるいは植え付け前の2年間以上、化学合成された肥料や農薬が使用されていない土壌で、
堆肥などによる土づくりが行われた畑や田で生産された農作物をいう。

 

有機野菜を名乗るためには、国が定めた登録認定機関で有機JAS認定を受けなければならない。

 

無農薬野菜

 

無農薬野菜は栽培期間中に農薬を使わなければ無農薬扱いになる。

 

なので、前年度に農薬が散布されたり、化学肥料が使われていても今年農薬が使われなければ無農薬扱いになるという。

 

減農薬野菜

 

従来使われている農薬量を5割以上減らして栽培された場合をいう。

 

そのため、従来の農薬の量が多ければそこから少なくしても、どれだけ安全であるかはわからない。

 

 

このように並べてみたとき有機JAS認定を受けた有機野菜が最も安全に思われるが
農薬を使っていないだけに、寄生虫や食中毒菌の問題は否めないわけである。

 

故に、野菜を食べるときはしっかりと洗ってから料理するということは大前提なのである。

 

 

最後に、改めてベジセーフ【野菜洗いの専用水】をおすすめし終えようとおもう。

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ

 

 

目次へ戻る

 

2017/08/19 16:01:19 |
1回目のベジセーフ到着に引き続き、2回目が到着。内訳はいろいろな使い方ご案内・・・冊子が送られてくるものとばかり思っていたのだが、前回と同様二つ折りのちらしであった。(ちょっと残念)ベジセーフ携帯用ボトル ベジセーフ専用 400ml・・・ ボトルのパッケージが前回のものと変わっていた。ジョーゴ ベジセーフ詰め替え用1.2L・・・ ベジセーフ3本分定期購入のサイクルであるが、我が家の場合は 野菜やお米洗いをメインに使っているためそれほど減らない。家族も少ないことからベジセーフ3本分で十分に3か月はもつ。公式サイトでは原則的に、定期購入のサイクルが30日と45日となっているようだが電話で問い合わせ...

inserted by FC2 system